毒太九龍のページ
 ワープロを使いだしたのも、私の知人のなかでは一番早かった。
「あれはいい。ことに僕のようなスタイルだと、後で思いついたことをどこに挿入しようかと探す手間が簡単になるんだ。すぐ取り出せて手書きの時のように原稿用紙を引くり返さなくて済む」
 とワープロの効用を披露した。私もその気になって、「じゃあ使ってみるかな。なんていう機種がいいんだろう。安部さんが使っているのは」
 そう聞くと俄に口が重くなった。
「それがねえ、変な名前なんだよ」
 と照れている口ぶりである。重ねて聞くと、
「そりやあね、まあ、言うけどさ、君、笑うなよ」
 などと言う。そうして最後に口にしたのは、
「文豪って言うんだ」
 それを聞いて私はやはり笑ってしまった。
「そら見ろ、笑うじゃないか」
 そう言いながら彼も笑った。
セーラー服といえば前の職場の同僚が『セーラーなんて海兵の制服だよ?水に落ちたとき怪我してもすぐわかるように白くて透けるようになってる上に破りやすく薄い素材で出来てんだよ。それを年頃の女の子に着せる日本人はみんなセクハラだね!』って言ってたのが忘れられない。
会社に水筒持って行ったらあだ名が日本兵になった
大音量で音楽鳴らして走っている車からいい曲を聴いたことがないように、声がデカいやつの意見にはロクな意見がない。真実は常につぶやかれるものだ。
Twitter / masayoshi hashimoto (via rpm99) (via quote-over100notes-jp) (via wood-stock-jump) (via yawarakaatama) (via f-sugar) (via y-haruka) (via mesotabi) (via motovene) (via nashi-kyo) (via daizydaizy) (via nashi-kyo) (via zaki123) (via megane4141) (via 85kg) (via t-isawa) (via magurohd) (via sierra7) (via 46187) (via atm09td) (via kitiei) (via darylfranz)

どうやっているのか? Petroが詳しく解説している、20分のビデオがあるが、要点はこうだ。

WiFi標準には、”deauth” と呼ばれるコマンドがあり、デバイスにネットワークを切断して再接続するように指示することができる。
何らかの理由により、このコマンドは、暗号化なしでデバイスに送られる ー これは、ネットワークで許可されていないデバイスからでも送信できることを意味している。これはChromecastのバグではない。WiFiデバイス一般のそれなりに知られた欠陥だ。殆どのデバイスは、「ああ、わかった」と言ってすぐに再接続する。
しかしChromecastは、deauthコマンドに呼応して、設定モードに突入し、自身がWiFiホットスポットになる。ここにあなた ー あるいはいたずら者 ー が接続してChromecastを設定することができる。
Rickmoteは、Raspberry Pi上に作られていて、Chromecastを見つけるとdeauthコマンドを浴びせかけ、〈自分〉とWiFi接続するよう指示する。ジャ~ン! Chromecastはハイジャックされた。

ひとたび操縦席をハイジャックしたいたずら者は、ビデオでも歌でもなんでも本来の持ち主と同じように送り込むことができる。厄介なのは、いたずら者が飽きるか、WiFi範囲の外に出ない限り、容易にChromecastの制御を取り戻す方法がないことだ。

しかも困ったことに、Googleにとってこれを修正するのは容易ではない。Chromecastがdeauthコマンドに呼応する仕組みは意図されたものであり、その超シンプルな設定プロセスの一部であり、ChromecastをChromecastたらしめている主要部分なのだ。

幸いRickmoteは今のところ一発芸であり、この魔法が野に放なたれることは当面なさそうだ ー しかし、ソースコードはここにあるので、誰かが箱を自作する可能性はある。

architectureofdoom:

Tata Steel, Scunthorpe, England

architectureofdoom:

Tata Steel, Scunthorpe, England

megazal:

Tell Me About the (pink plastic) Rabbits George! (via ∞ monkeys with cameras (AKA Marx))
kakisibu:

Ting1(スウェーデン・エルンシェルツビク)

kakisibu:

Ting1(スウェーデン・エルンシェルツビク)